コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ネタバレ有「君の名は。」観てきた話

「君の名は。」を観てきました。ネタバレしないと話が進まないので、これから観ようとしてる人はバックしてください。








主人公で東京の高校生である立花瀧(CV神木龍之介)と田舎の高校生である宮水三葉(CV上白石萌音)が目覚めたら体が入れ替わっており、二人は奇妙な夢だと思いながら過ごす。入れ替わってるときの記憶は全くないけど、周囲の反応でお互いに入れ替わりしたことを自覚していく。二人は入れ替わってる間、お互いの本来の生活を守るためにルールを決めて生活することを約束。色々な出来事を経て次第に打ち解けていく二人だが、あるときを境に入れ替わりが起きなくなり、瀧は三葉を探すために旅に出る。ここまでは予告編だったりTV番組の映画紹介コーナーなんかでも見てるはずだから、ここまではまだネタバレじゃないですね。序盤まではね、ほのぼのとしていたんですよ……。








ではここからがネタバレ








入れ替わっていた二人には夢を通じて距離を超えていただけでなく、時間をも超えていたという事実を、瀧は三葉を探す旅の途中でそれを知る。なぜそれを知ったのかというと瀧が三葉の住む糸守町に記憶を頼りにしてたどり着いて、仲間たちと入ったラーメン屋で瀧が持っているその記憶した景色のスケッチブックを見た店主から、その景色がある町は3年前の彗星衝突でなくなったことを聞かされたから。その彗星衝突で亡くなった犠牲者名簿に三葉の名を見つけてしまったから。その現実に打ちひしがれてなお、三葉の実家の神社の御神体がある場所ならまた入れ替わりが起きるかもと思い、少ない希望を持って御神体の場所へ。








瀧の思惑は成功し、三年前の三葉と入れ替わる。三葉は瀧になり、自分が彗星衝突で死んだことを知る。そしてその日は彗星が糸守町に落ちる当日。入れ替わった瀧は三葉達を救うために奔走。瀧は本物の三葉がどこにいるのだろうと思ったとき、御神体の山にいると確信に至る。








瀧と三葉は御神体がある山の上で、初めてお互いを認識した状態で出会う。その時間帯は夕暮れ(黄昏時)。序盤で瀧が古典の授業を受けていた時に「黄昏時」という言葉が出てきて、劇中では「この世ならざる者と出会える時間」と言われてました。神社の御神体がある場所、黄昏時、二人が同じ場所にいたからこそ初めて出会えた奇跡が起きたと考えるのが普通でしょうね。「黄昏」は「誰そ彼」が転じたもの。夕暮れで暗く、顔がよく見えないときに「あなたは誰?」という意味もあるから、題名でもある「君の名は。」に繋がってくるというもの。黄昏時は短く、二人が会ったときに元に戻ったけど、本来の三葉も未来を知ったので、瀧と同じく町民を救うために動く。そして数年後……








大学生になった瀧は就職活動をしていた。数年前の彗星衝突に関して不思議なまでに興味を持っていたことは覚えているけど、なぜそんなにも興味を持ったのか覚えていない。でも何か大切な探し物をしているという確信だけがあって、日々を過ごしている。また時が経ち、電車の窓に目を向けると……








並走してる電車には彗星衝突を生き延びた三葉の姿。お互いに突き動かされたように次の駅で降り、探し始める。そしてようやく出会い、瀧が「どこかで君を」と言うと三葉も「私も」と返す。お互いに「君の名前は?」と尋ね、二人はここから新しく関係性を築いていくんだなって思ったところでEND








瀧も三葉も記憶がないのは、三葉を死から救ったことによって変わった世界の影響……?そこら辺は詳しく考えるつもりがこの場にはないので完全に割愛。個人的に超胸キュンだったのは初めて二人が会った時に、お互いの名前を忘れないようにと手のひらに名前を書くんだけど、瀧が三葉の手に書いたのは名前ではなく「すきだ」と書いていたこと!いや、もうね、クロ氏は一緒に観に行った子とそのシーン「ヤバいね?完全に落ちるよね!?」と盛り上がっちゃいました。








伏線の張り方が上手いですよ、これ。新海監督の作品は好きだけど、正直ここまでのヒットになるとは思ってなかった……。書き連ねたいことまだあるから、ここまでで作品の話はおしまい。








観終わった後に、一つ思ったのが少しだけとある作品に似てると思ったこと。その作品名は「イルマーレ」超簡潔に話すと、夢で体が入れ替わったりすることはないんだけど、時を超えたやりとりが共通点。ヒロインと主人公の間には二年の開きがあって、そのやりとりは不思議なポスト(二年前に住んでいた男、現在住んでいるヒロインの家の前にあるポスト)を通じで行われていたのね。お互いふざけているのかと思っているんだけど、やっぱり打ち解けていく展開になるのさ。メールのやりとりが主流なのに、手紙のやりとりって感情(人間味)があっていいじゃない?クロ氏の場合、メールで感謝の気持ちを表してくれるのは嬉しいけど、手紙だったらさらに嬉しいと思う人。








実際に合う約束をし、その当日、相手の男は来ない。なぜならその男は約束をしてからその間に事故死したから。それを知ったヒロインが男を死から救うために奔走。最終的に男は事故から逃れ、男は会ったヒロイン(このとき時を越えた文通してない状態のヒロインなので)に「今から僕が話すこと、信じてくれる?」と話しかけるところでEND……。








原題は「時越愛」らしいので、時を超えた恋愛感情ってのは共通点じゃない?ってそんな話もしました。ちなみにハリウッドのリメイク版でキアヌ・リーブス(マトリックスの人)が主役やってるので、気になる人はそちらも観てみよう。








今回の雑談はここまで!
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

一蘭好きのリフレ嬢に

こんにちは、クロです。ネタはあるのにまだ日の目を見させられるものではないので、別件を記事にしてみます。雑談的な。



タイトル通り、一蘭について。一蘭についてはかなり詳しいです。なぜならクロ氏は学生時代に一蘭で働いていたから。語るのは話しても問題ない範囲まで。リフレ嬢達の一蘭推しは今はやめた身であっても嬉しかったりするので書いてみようかなと。一蘭はピーク時はアホみたいに忙しいけど環境と待遇はクリーン。店のトイレに入ったことある人は分かるだろうけどペーパーの数についての質問しないでください。クロ氏もなぜあの数なのかは知らないから(笑)



そんなクロ氏、一蘭で食事してきました。R-TimTZkaaaa.jpg
一蘭の食事がラーメン、トッピング類、米だけなのはラーメンだけで勝負したいから。当時の教えだとラーメンが主役で他は脇役(ラーメンの味をより感じさせるようにものだけ)、品質を一定以上に保つため、オペレーションの統一性のためだそうな。ちなみに一部店舗で限定の味もあるので地方旅行の際には行ってみるのもおすすめします。



味の変化……ニンニクと秘伝のたれは2倍までなら別皿提供できます。なのでニンニク、たれ無しで食べて、その後にニンニク、たれを入れて味を変えることも可能。替え玉を頼むときはプレートを取りに来た店員さんに「ダシ多め」と言えば通常の2倍量のダシを入れてくれます。ダシ無しももちろん可能。秘伝のたれに関してはクロ氏が働いていた当時の話なので、今は分かりません。一蘭行く人は試してみてください。昔はアイスも提供していたけど、今は抹茶杏仁。



一蘭に行ったことある人なら分かるはずのお土産商品「冷やかばい」、「釜だれとんこつ」、「汁なしとんこつ」クロ氏の味覚で言うと釜だれ、冷、汁なしの順で好き。冷やかばいは昔はどの店舗でも買えたと思うんだけど、今はそうではないっぽい?釜だれは天神の方の店舗限定だけど、これはどの店舗でもお土産商品として買えるので気が向いたら食べてみて。天神店の釜だれで提供してるときの叉焼がどの店舗でも今は食べられるようになったらしく、今日頼んでみたけど、結構おいしい。食べたリフレ嬢さん達の感想をクロ氏に聞かせてください。HTy2-eaoaaa.jpg




クロ氏の一蘭トークは今日のところはここまで。個人的に聞きたい人はクロ氏のツイッターまで!
プロフィール

blackuro00

Author:blackuro00
FC2ブログへようこそ!

最近の興味はリフレ。と言うよりリフレが好き。色んな世界で色んなものを見てきた本サイトの管理人です。リフレ関連、雑学、見た・経験した世界の本音やあるあるについて書いていきたいと思ってます。更新頻度は低いです。リフレ関係の方と繋がりたい

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。